• 糖尿病ってどんな病気なの?

    糖尿病という言葉は、わりと幼いころから知っていた記憶があります。

    特に身近に糖尿病の人がいたわけではなく、ニュースなどでも取り上げられたり、生物のホルモンに関する授業などでも聞いたりしたことがあるからだと思いますが、よく聞く病気ですよね。

    どんな病気か調べてみました。

    私たちは食事をとると血糖値が上昇しますが、インスリンというホルモンが働くので、食事などでとりいれたブドウ糖を上手にエネルギーに変えて日常生活を送っています。

    糖尿病になると、取り入れたブドウ糖を上手にエネルギーに変えられないので、高血糖のままになってしまう状態になります。

    高血糖のままだと体全体のエネルギーが不足する状態になってしまうため、様々な悪い症状が体にでてきてしまうようです。

    インスリンというのは体の血糖値を下げるホルモンなので、糖尿病の人は、よく自分でインスリン注射をしているという話を聞いたことがあります。

    自分の体に悪い症状がでてくると、日常生活にも支障がでてくるので、大変ですよね。

    糖尿病に種類があるって本当?

    糖尿病について調べてみると、種類が複数あることが分かりました。

    一つ目はインスリンがほとんどつくられない状態でおこるもの、二つ目はインスリンの不足でブドウ糖が上手く取り入れられなくなって起こるもの、三つ目は遺伝子の異常などの病気で起こるもの、四つ目は妊娠時に現れるものの4種類あるそうです。

    日本人の95%の人がかかる糖尿病は2つ目のもののようです。

    私は以前妊娠しているとき、妊娠糖尿病の可能性を疑われて再検査した経験があります。

    糖尿病の症状を知る

    再検査の結果陰性で、たまたまその時の尿検査で糖が出る症状だったので何事もなかったのですが、早産したり、赤ちゃんが低血糖で生まれてきたりする可能性があるなど良くない症状もある病気の為、少し不安な時期を過ごした経験があります。

    まさか自分がそのような病気を疑われるとは思ってもみてなかったため、陰性という結果がでたあとも、しばらく食事に気をつけたり、甘い食べ物や果物を控えたりなど予防策をしていました。

    健康が一番だと改めて思った瞬間でした。