日焼けしているとレーザー脱毛はできない?

日焼けしているとレーザー脱毛はできないといいますが、これは本当です。 レーザー脱毛の施術を受けるにあたって日焼けは厳禁とされています。 日焼けしている場合、その部分のレーザー照射の施術を受けることはできないのです。

レーザー脱毛の場合、出力の高い機械を使用するので、日焼け部分への照射は火傷や色素沈着などのリスクを生むことになります。 施術当日にレーザー照射をできない原因でもっとも多いのが日焼けで、日焼けによる原因で照射を拒否されることはよくあります。 日焼けをすると肌表面にメラニン色素が生成されるので、そこにレーザーを照射すると肌表面のメラニン色素に反応してしまい、火傷の原因になります。

基本的にレーザー照射2週間前後に日焼けした場合、レーザー照射は不可となります。 ほんのり日焼けした場合でも1ヶ月は照射不可で、しっかり日焼けした場合3ヶ月くらいは照射不可とされているので、日焼けには十分に注意しないといけません。

紫外線量は意外と年中、それほど変わらないと言われています。 そのため外出の際は、普段から日焼け止めを使用するよう心がける必要があります。