レーザー脱毛の副作用ってあるの?

レーザー脱毛の副作用ってあるのでしょうか。 基本的にレーザー脱毛には副作用というものはありません。 安全性の高い脱毛法だからです。 ただ、副作用に近い症状が出るリスクはあります。

レーザー脱毛は医療機関のみが扱うことのできる脱毛法で脱毛効果が強力な分、光脱毛よりも肌に与えるダメージが大きくなります。 まず施術後の赤みが懸念されます。 レーザー脱毛は黒い毛に反応するので、皮膚に軽い炎症を起こしやすいです。 照射されるレーザー光線は黒い毛に反応することから、皮膚を傷つけて赤い腫れを生じてしまうことがあります。 特に敏感肌や色白の人は赤みが目立ってしまいます。 しかし赤みについては数時間~数日で自然に治るのが普通で、ひどい場合は炎症止めの外用薬を出してくれます。

レーザー脱毛すると毛膿炎になることもあります。 これはプツプツとした白く膿んだニキビのようなものが出来る症状で、普段からニキビが出来やすい人はこの症状が出やすくなります。 症状がひどい場合は炎症を抑える飲み薬と塗り薬が処方されます。 レーザー脱毛の副作用で一番よく言われるのが火傷ですが、医療機関なので万一火傷になっても医療薬を用いて迅速に対応してくれます。